社会保険労務士に独学で挑むことの危うさとは

社会保険労務士の試験はとても難しいですから、勉強時間はやはりとれればとれるほど
多めにとるほうがいいですね。
ところで、勉強時間を多めにとろうとする人たちと、逆にあまり勉強時間をかけずに(orかけられないために)なるべく少ない時間で社会保険労務士に受かろうとする人たちの両方にときどき共通している現象があります。
それは、社会保険労務士の受験勉強を独学で済ませようとする人たちが毎年必ず出てくることですね。

独学で社会保険労務士に受かったことを告白する人が本当に毎年のようにいますから、その噂に遭遇して、同じことをやろうとするのかもしれませんが、独学での社会保険労務士合格は果たして可能なのでしょうか? 

正直な話ですが、独学による社会保険労務士受験はものすごく危険でしょう。
勉強時間を無駄にしたくないなら、社会保険労務士を独学で志望するのは避けるべきでしょう。

社会保険労務士の試験は独学で受かるほど甘いものではありません。
独学で受かっている人が皆無ではないことは事実ですが、それはかなり奇跡に近いことでもあります。
なにしろ、前にも受けた経験のある人たちがやり直し受験をしても落ちてしまうことがざらにあるのですし、あるいは、法律の勉強をした経験のある人たちや、勤務先で人事や労務の仕事を経験している人たちでさえも当たり前のように落ちてしまっているのです。
独学では、そもそも社会保険労務士の勉強の道筋が立てにくくなりますし、わからないことが出てきたときに自力で全部を調べ上げないといけませんから、勉強時間がどんどん長くなり、同時に効率のいい勉強から遠ざかる結果になってしまいます。

社会保険労務士に独学で受かったという話を聞いても、それを「自分にもできることなのでは」と夢想するのはおすすめできません。どうしてもそれを一度試してみたいなら、とめることはできません。
しかし試す前に、うまくいかないことがはっきりしてきた時点で即刻潔くあきらめて、代わりにすぐに違う勉強法(通学や通信教育等)に転向することを決めておくことをおすすめします。

>> 可能な限り短い勉強時間で資格を取得するための試験対策
>> まずは効率よく資格を取得してください。

おすすめの通信講座はこちら!
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
⇒詳細はこちら
【No.2】クレアール
多用なコースとオプションに分かれていてわかりにくい面はありますが、学び方を自由に選べますので基礎のある人には便利です。
⇒詳細はこちら
【No.3】TAC
教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。
⇒詳細はこちら