社会保険労務士の勉強時間は、問題を解く過程が大事

社会保険労務士の受験では、勉強時間のことはとにかくよく考えないといけません。
現役の社会保険労務士に質問をぶつけても「1発で合格しました」なんていう気持ちのよい答えは決して多くありません。
つまり、合格者ですら社会保険労務士試験の本番で、問題を思うように解けなくて泣きを見た経験を
持っていることが当たり前の世界なのですから、 社会保険労務士の合格をしたいときにはどんな勉強法をやっていくのか、その限られた勉強時間をどのように活用するのかを最初に決めないといけないのです。

社会保険労務士の試験は毎年ありますから、次に来たる試験での合格を目指すなら勉強時間は、長くても1年ですね。
出願の時期から逆算すると、短くても約3ヶ月はあるはずです(さすがにそれはかなり無謀ですが)。
3ヶ月~1年と、勉強時間の幅はちょっと広めですが、どの勉強時間にしても、合格をするために共通している傾向が少なくともひとつあります。

それは、インプットとの期間とアウトプットの期間を分けることですね。
インプットとは、ようするに知識や情報、そして理論等を頭の中に詰め込む作業のことです。
それではアウトプットのほうはどういうことでしょうか? 

これはいろいろな意味で使われている言葉のようですが、大雑把に、そして端的に書くならば、「蓄えた情報を、解答用紙に向けて、適切に書いていく能力を磨くこと」とでもなるでしょうか。
具体的には、社会保険労務士の試験問題を解くことをさまざまな形で繰り返すことになります。

過去問をやり込むことが大事なことは他のページでも書きましたが、過去門をやっていろいろなことに気がついたり、また解答に慣れたりすることは大切ですね。
その次に大切なこととしては、評判の高い社会保険労務士の予想問題集を手に入れてやることになるでしょうか。
ひたすら社会保険労務士の試験を想定した問題を解くこと、そして解答をすらすらと出して書いていくことを繰り返すことで、本番の試験を突破するための予行練習になるのです。

大手の学校でやっている模擬試験を受けることでも、社会保険労務士の試験問題を解くいいレッスンになりますし、模擬試験の場合は会場の雰囲気も味わえて、しかも自分の弱点も浮き彫りになるといういい経験の場ですが、模擬試験はちょくちょく受けられるわけではないですね。
普段の自習では、過去問も予想問題集も含めて、社会保険労務士の試験問題を解く勉強をたっぷりとやっておくべきです。本試験になると、試験時間はあっという間に流れていきます。
本番の社会保険労務士試験で、制限時間内に確実に全問題を解くためにも、アウトプットの過程を
普段の勉強時間で多めにとることは大事なのです。

>> 可能な限り短い勉強時間で資格を取得するための試験対策
>> まずは効率よく資格を取得してください。

おすすめの通信講座はこちら!
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
⇒詳細はこちら
【No.2】クレアール
多用なコースとオプションに分かれていてわかりにくい面はありますが、学び方を自由に選べますので基礎のある人には便利です。
⇒詳細はこちら
【No.3】TAC
教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。
⇒詳細はこちら