社会保険労務士の求人はどこで探すのか?!

社会保険労務士の勉強はたいへんですが、苦しい勉強時間を乗り越えて見事試験に合格したら、ぜひともその資格をそれ以降の仕事に反映させないといけませんね。
厳しい勉強時間の合間に、勤務型と開業型どちらの社会保険労務士を選ぶのかもよく考えておきたいものですし、勤務型の社会保険労務士だったらどうやって求人にありつくべきかも計算しておきたいものです。

社会保険労務士は「士」という漢字が表現しているように、「士業」と呼ばれている一連の法律系の資格の一種です。
「士業」と呼ばれている業務はやはり世間では「事務所をオープンしている人たち」だというイメージが強く、実際に社会保険労務士もその例が普通ですが、例外的なことに社会保険労務士は「勤務型」が選びやすくなっています。
登録をするときに「勤務型」として登録をすることも普通に認められているくらいですがこれは他の士業一般には見られない特徴でもありますね。

勤務型の社会保険労務士になる場合は、企業に入社して働くことになりますから正社員(契約社員や派遣社員の例もありますが)になることが原則です。
つまり、とても安定した身分で社会保険労務士のスキルを活用できるわけですね。
これは今のような不景気な時代にはとてもありがたい点です。

勤務型の社会保険労務士の求人はどうやって見つけたらいいでしょうか? 
勤務型の社会保険労務士の行くところは、企業の内部では人事部や総務部といった部署が中心になります。
つまり社会保険労務士の求人を見つけようとするなら、これらの部署や職種を中心に探していくことになるでしょう。

企業の規模としてはどうしても大きめが中心になるでしょうか。
小さな企業の場合、内部に人事部や総務部を抱えていないか、抱えていても1人2名で間に合わせてしまうことが多いので、ある程度の規模の企業でないと探しにくいものがあります。

もっとも、なかなか求人は見つかりやすいとはいえないようです。
社会保険労務士の能力を求める求人となると本当に少ないですから、「社会保険労務士」「社労士」等のキーワードで求人を検索するのはあまり有効ではないでしょう。
どちらかというと、人事や総務といった職種で仔細に探しまくって、応募や面接のときに社会保険労務士の能力があることを伝えてPRしていくことが大切になります。
また、すぐに社会保険労務士らしい仕事ができなくてもかまわない(いずれはそちらに行きたい)といったPRをしていくことも大切でしょう(実際に、すぐに社会保険労務士の仕事をさせてもらえなくても
それは悪い結果にはなりません)。

社会保険労務士の求人はありふれているわけではないことは、求人を実際に探してみるなどして受験勉強の合間に自分の目で確かめてほしいものです。

>> 可能な限り短い勉強時間で資格を取得するための試験対策
>> まずは効率よく資格を取得してください。

おすすめの通信講座はこちら!
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
⇒詳細はこちら
【No.2】クレアール
多用なコースとオプションに分かれていてわかりにくい面はありますが、学び方を自由に選べますので基礎のある人には便利です。
⇒詳細はこちら
【No.3】TAC
教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。
⇒詳細はこちら