社会保険労務士の開業は、受験勉強時間中から考え出そう

社会保険労務士の試験合格を目指すときの勉強時間においては、試験にいかにして効率よく受かるのかを考えることも大切ですが、合格後にどうやって仕事をしていくのかについてもできるだけ考えを進めておきたいものです。
特に多くの受験者は、事務所を持つという開業型の社会保険労務士になることを(漠然とでも)思い描いているでしょう。

独立・開業型の社会保険労務士になるのだったら、それは誰かに従業員として養ってもらえないことを意味します。
原則として自分の力だけを頼りに生きていかないといけないわけです。
その原則の壁にぶつかって、廃業等に追い込まれていく人たちは昔から絶えず存在します。

開業に失敗する社会保険労務士にならないようにするには、受験勉強期間のうちから、機会を見つけて開業のための情報収集をしたり分析をしたりしていくことが望ましいのではないでしょうか。
といっても、たったひとりでそれをやろうとおもっても無理がありますね。これは資格取得後も大事なのですが、先輩にあたる経験豊富な社会保険労務士からアドバイスを受けるようなことをすることでだいぶはかどります。

たまたま身の回りに現職の社会保険労務士がいればラッキーですが、そうはいかないのが普通です。
こんなときに助かるのは、通信講座や学校を使っている場合ですね。
講師の人たちや、会社の人たち、また受講仲間等のコネをたどって、先輩社会保険労務士の人たちとコンタクトをとる機会を増やすようにしていくことができるからです。
それを考えるとやはり独学はあまりいい勉強方法だとはいえないでしょう。

経験者の人たちから話を聞いていくうちに、たとえば、「社会保険労務士の開業は3月にするほうが望ましい。なぜならば、4月になると法改正が一挙に増えるほか、新しくつくられる会社も多く、人の異動も激しいので社会保険労務士の出番が増えるから」といったアドバイスももらえることでしょうし、
「年齢や地域によって、社会ほけ労務士開業時の仕事の受け方は変わってくる。
特定の分野を専門としたほうがいい場合とそれが逆効果になる場合がある」 といった傾向も教えてもらえることでしょう。

最近は、通信講座であっても講師や受講生同士で深い交流をとれるようにしているところができていますから社会保険労務として上手な開業をするためのコツや情報を手に入れるチャンスも増大しています。
受講者に対して懇切丁寧な講座を選ぶと、合格後も得をするチャンスがありますね。

>> 可能な限り短い勉強時間で資格を取得するための試験対策
>> まずは効率よく資格を取得してください。

おすすめの通信講座はこちら!
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
⇒詳細はこちら
【No.2】クレアール
多用なコースとオプションに分かれていてわかりにくい面はありますが、学び方を自由に選べますので基礎のある人には便利です。
⇒詳細はこちら
【No.3】TAC
教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。
⇒詳細はこちら