社会保険労務士の勉強時間を、3ヶ月以下しかない激短期で計画! 

社会保険労務士の試験のスケジュールを眺めると、受験の申し込みの締切日は試験日のわずか3ヶ月前にあたりますね。

4月や5月に、初めて社会保険労務士という資格のことを知ったばかりだったら、受験したくなったのがそのようなぎりぎりの時期だった~、なんてことが実際に起こってしまいます。

次の年の合格を目指したほうが無難ではありますが、それでも受験のチャンスをみすみす逃すのももったいないですね。というわけで、残り3ヶ月未満しかないような場合に、どんな形でベストを尽くしたらいいのか、モデルケースを書いてみました。

・ファーストの時期(インプット集中用の時期)
もはやじっくりとテキストと過去問に取り組む余裕はないですね。それでも全範囲を一通り押さえないといけません。ここでは、過去問から先に読むこと&解くことをおすすめします。それに合わせて、テキストをめくって、過去問の解答と解説から吸収した知識の穴埋めをするのです。

もちろん時間が許す限り、僅か数分の時間も無駄にできません、暇ができたら過去問もテキストも読んでやり込みましょう! 

・セカンドの時期(アウトプット集中および追い込みを同時に行う時期)
3ヶ月未満しかないなら、サードの時期をつくる余裕はありません。残り1ヶ月~1ヶ月半になったら、「過去問を、実際の試験時間に合わせて解く練習をする」といった演習を増やしましょう。
模試は受けられるようであれば、1回受けてください。
そして、苦手な部分がはっきりしたときは、受けられるようであれば単発~激短の直前対策講座を使って、弱点をカバーする努力を続けてください。

>> 可能な限り短い勉強時間で資格を取得するための試験対策
>> まずは効率よく資格を取得してください。

おすすめの通信講座はこちら!
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
⇒詳細はこちら
【No.2】クレアール
多用なコースとオプションに分かれていてわかりにくい面はありますが、学び方を自由に選べますので基礎のある人には便利です。
⇒詳細はこちら
【No.3】TAC
教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。
⇒詳細はこちら