社会保険労務士の合格率と勉強時間の深い関係

社会保険労務士の試験を受ける人たちは、よく勉強時間のことを気にしています。
どうして勉強時間の長さや量が気がかりになってしまうのでしょうか?その答えは至極単純なもので、社会保険労務士はとにもかくにも試験が難しくて、合格率が低いからです。

社会保険労務士の合格率は近年に絞って見つめるだけでも、ちょっとしんどいものがあります。

年度 受験者人数 合格者人数 合格率
平成16年度 51,493人 4,850人 9.4%
平成17年度 48,120人 4,286人 8.9%
平成18年度 46,016人 3,925人 8.5%
平成19年度 45,221人 4,801人 10.6%
平成20年度 47,568人 3,574人 7.5%
平成21年度 52,983人 4,019人 7.9%
平成22年度 55,445人 4,790人 8.6%
平成23年度 53,392人 3,845人 7.2%
平成24年度 51,960人 3,650人 7.0%
平成25年度 49,292人 2,666人 5.4%

社会保険労務士の合格率は、この10年を通してほとんど」10パーセントを超えていませんね。
10人に1人も通らないといったら、ベビーブーム世代の(つまり競争率の激しい時期の)一流大学受験に匹敵するものがあります。

しかも社会保険労務士の試験には、全体としての点数や合格率以外に落とし穴があります。
実はただ総合得点の高い順に合格させてもらえるわけではありません。
他のページでも説明したように、社会保険労務士の試験にはたくさんのカテゴリ(科目)がありますが、どの科目でも点数をまんべんなく取れていないといけないのです。
実は科目ごとに基準点が決められるので、その基準点に達しなかった科目があったらそれだけで不合格になります(他の科目がどんなによくできていても、満点であっても、です)。裏を返すなら、オールラウンダーにならないといけません。得意科目で点を稼ぎまくって、苦手科目をカバーして逃げ切り合格を果たすような戦法は、社会保険労務士の試験ではありえないのです。
社会保険労務士の合格率の低さの背景には、そんなシビアな決まりごともあるわけです。
それでも、そのことがこうして世間に知れ渡っているのですから、受験する側としては対策をとれます。

社会保険労務士の合格率は低いですが、必ず常時全受験者の上位数パーセントの中に居続けるようにすることが、確実に受かる方法だといえます。それをやるにはどんな勉強法が必要か、限られた勉強時間をどう使うかを考えて選ぶ必要があります。以後のページで書いていきましょう。

>> 可能な限り短い勉強時間で資格を取得するための試験対策
>> まずは効率よく資格を取得してください。

おすすめの通信講座はこちら!
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
⇒詳細はこちら
【No.2】クレアール
多用なコースとオプションに分かれていてわかりにくい面はありますが、学び方を自由に選べますので基礎のある人には便利です。
⇒詳細はこちら
【No.3】TAC
教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。
⇒詳細はこちら