社会保険労務士の勉強時間は正直いくら必要?

社会保険労務士に受かるための勉強時間は、いったいどれくらいかけないといけないのでしょうか? 
「社会保険労務士に興味はあるものの、合格に必要な勉強時間がいくらくらいなのかによって受けるか受けないかを決めたい」という人たちのために、ここでありのままの現実を書いておきます。

しかしこれは厳密な正解を出せるような質問ではありません。人によって必要な勉強時間は変わってしまいます。
それでも、やはり目安となる勉強時間を知りたい社会保険労務士志願者としてははっきりと、「●百時間」「●ヶ月」といった数字を教えてもらいたいでしょうね。

あくまでもただの例として感じ取ってもらいたいのですが、経験者・合格者にインタビューをすると「400時間くらいがいいだろう」という意見もありますし、「800時間くらいはかかるものとみておいたほうがいいだろう」という意見だってあります。
そもそも、総合時間だけが大事なのではなく、1日何時間を社会保険労務士の勉強時間に費やすのか、という点も重要ですが。

それにしても、どうしてこんなに経験者の意見に差がついてしまうのでしょうか。
答えは、社会保険労務士の試験では、何年も受け直している人たちが当たり前のようにいるからです。
毎年1回ある試験ですから、その1年の勉強時間だけで考えても数百時間、あるいは千時間近くかかると考える人も出てきますが、 前年に受けていれば当然その分の勉強時間も土台として累積されますね。
受験一発で受からない人は本当に多いですから、再受験している人たちのトータルの勉強時間は
実際に途方もない時間に膨らんでいるはずです。
シビアに書くなら、平均的には7~800時間、細かい勉強時間も入れると総合で1000時間以上を社会保険労務士に受かるまでに費やしている人たちも少なくないといったところではないでしょうか。

ここまでで、どれだけ社会保険労務士になるのに勉強時間がかかるのかを強調して書いたため、ちょっと絶望的になってしまった人もいるでしょうか? 
しかし過剰に心配しすぎることもありません。これまでの経験者の体験をもとにしてたくさんの勉強法が確立されてきたわけです。
これから受験する人たちはそのノウハウを利用することで、最短の時間で受かることは不可能ではないからです。
このサイト全体をよく読んで、時間を無駄にしない方法をつかみ取ってほしいと思います。

>> 可能な限り短い勉強時間で資格を取得するための試験対策
>> まずは効率よく資格を取得してください。

おすすめの通信講座はこちら!
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
⇒詳細はこちら
【No.2】クレアール
多用なコースとオプションに分かれていてわかりにくい面はありますが、学び方を自由に選べますので基礎のある人には便利です。
⇒詳細はこちら
【No.3】TAC
教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。
⇒詳細はこちら