社会保険労務士の勉強をする学校のよしあし

社会保険労務士は確かに難しい試験なので、その勉強時間はうっかりすると膨大なものになってしまいがちです。
しかも、初めて勉強をする人たちの大部分は、社会保険労務士の仕事に関して無知なことが多いでしょう。
それまでに人事や労務の仕事をしてきた人たちや、法律の勉強をしてきた経験のある人たちはおそらくごく一握りしかいないのではないでしょうか。

社会保険労務士の勉強をすることになったら、とにかく毎日のようにややこしい法律と向き合わないといけません。しかし法律を読むのが楽しいと思えるような人はいないでしょうし、試験に出される範囲も広いので勉強のとっかかりを見つけるだけでも最初のうちは本当にたいへんです。
そこで多くの人たちが選ぶ方法が、社会保険労務士の勉強を教えてくれる学校に入学することです。

学校に通うのは、社会保険労務士受験に挑むにあたっては確かに無難で安全な方法です。
学校は専門の先生たちを雇っていることが多いです(ようするに、実際に社会保険労務士をやっている人たち)から、 仕事のことも試験のこともよくわきまえている人たちに教えてもらうことができます。
しかも、学校は常に試験の最新の動きを追いかけていますから、社会保険労務士試験のありがたい情報を分けてもらうことも期待できますね。

それにどこの学校も今では自習室等をつくっていますから、講義がないときでも勉強をすることができます。
仕事が休みの日に学校に行って一日中勉強時間に費やしたという合格者も少なくありません。

こうしていいことずくめの通学方法のようですが、勉強時間を考える上では難点もあります。
学校は、すべての受験者にとって近い存在ではないことです。
大手の学校はなるべく、駅前のようなアクセスしやすい位置にありますが、それでも全受験者にとって通えるものではありません。毎週通うのが難しい場所にある場合、通い切れなくて挫折する確率はとても高くなります。

そして社会保険労務士の学校に入るなら、多くの場合10万円を大きく超えるような授業料を用意しないといけません。人によってはそんな大金を捻出するのがしんどいこともあるでしょう。

社会保険労務士の学校に、距離や予算の都合で入れそうにない場合は、他のページでも書いていますがもう少し安くなり、距離のことを心配しなくてよい通信講座を一度試してみてほしいと思います。

>> 可能な限り短い勉強時間で資格を取得するための試験対策
>> まずは効率よく資格を取得してください。

おすすめの通信講座はこちら!
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
⇒詳細はこちら
【No.2】クレアール
多用なコースとオプションに分かれていてわかりにくい面はありますが、学び方を自由に選べますので基礎のある人には便利です。
⇒詳細はこちら
【No.3】TAC
教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。
⇒詳細はこちら